2006年04月09日

人生初・餃子作り

АНХ УДАА ХИЙСЭН БАНШ
 日本に一時帰国中に食べた清瀬の「餃子の満州」、宇都宮の「餃子のまさし」の味が忘れられず今日はここ南ゴビにて挑戦グッド(上向き矢印)。今までゼロから作ったことがなかったので心配していましたが、タイミングよく助っ人が登場ひらめきТЭМΥЖИН(テムジン)ГАНЗОРИГ(ガンゾリグ)の2人
 まずは、材料の買出しです。玉ねぎ、キャベツ、にんにくと小麦粉まではよかったのですが、肉が。。。。。いつも利用している肉ザハ(市場)に行ったところ今日は、羊、ヤギそれからラクダしかないとのこと。結局におい的に一番無難なラクダを買いました。


 始めに小麦粉と水を混ぜてよくこねます。

 次にこねた物を棒状に丸めて適当な大きさに切り分けます。


 それから皮を作りそこにキャベツ,ニンニク,タマネギとラクダ肉のミンチを入れて準備完了。2人に手伝ってもらうつもりが ほとんど2人がやってくれました。僕の方が手伝っている感じ。


 焼き餃子、焼く際に水が少々多かったもののまあまあおいしくできましたが、ラクダのせいかやっぱりモンゴルの味がしました。

 水餃子、こっちのほうがもうちょっとおいしかったかも。

 初めてにしては上出来、というより二人のおかげでした。とりあえず、一連の流れが分かったので次からは一人でもできるはず。次回は日本で食べた味にもうちょっと近づけるよう挑戦してみようかと思います。何かコツとかあれば誰か教えて下さい。
 そうそうお土産に日本製のボールペンを2人にあげたところジャンプしながら「運がいい、ラッキー」といいながら予想以上に喜んでもらってこっちまでうれしくなりました。その過剰(笑)に喜んでくれた子の名は「テムジン」で、昔 福岡で食べたかなりおいしい餃子のお店の名前も「テムジン」でした。なんだか変な感じがします。

●今後餃子を作る際、参考にさせて頂こうと思っているブログ記事
鶏しそミニ餃子  博士  男の料理  皮から餃子
posted by ながのながの at 20:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | モンゴル・南ゴビ| edit
この記事へのコメント
お久しぶりです。お元気そうですね。
日本へ帰国された後またモンゴルへ戻られていましたか。
まったく流れについていってませんでした。
マイペースな人間なので許してください。笑

ラクダの皮で餃子なんて、新しい美味しさ発見なのでは!!
今とってもお腹すいてるんで
餃子の写真を見て幸せな気分になりました。
ごちそうさま♪
Posted by ふじこ at 2006年04月15日 22:00
お久しぶりです。
ラクダの「肉」の餃子です(笑)。
そうそう、今日初めて自分一人で餃子を作りました。
一人餃子作りは結構大変ということが分かりました^^;
Posted by ながの at 2006年04月15日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。